2008年09月01日

耕作放棄地対策

農水省、というと、太田大臣の高額なバイト代など限りなく黒に近いよーな事務所費問題、食品の安全・安心問題、それと、このところ新聞などによく出てくる「耕作放棄地」の・・・ 問題など、実に問題が山積みであります。


 事務所費問題や食の安全・安心はまたの機会にして、今回は、耕作放棄地、について。

 きのう、一昨日あたりから、毎日新聞に、農地の転用を当て込んだ開発業者らが農家に売買代金を払って事実上買い取った末、転用できずに耕作放棄地化する現象が各地で起きていることがきじになり、今後焦点をあびそうです。

 判明しただけで6県11カ所計約123ヘクタールあり、専門家は「氷山の一角」と指摘しています。

 農地は農地法で農家と農業生産法人しか所有できず、転用許可前の売買は法の趣旨に反するが、耕作放棄地解消を掲げる農林水産省は実態をつかんでおらず対応を迫られそうです。

 以上、毎日新聞より

 
 これは、いわば、仮登記農地問題、とでも、いうべきですが、農水省いわく、「実情は把握していないが、仮登記を妨げる法的根拠はない」と半ば、逆切れに近いことでもありやす。


 さて、そこで、一方、農水省の諮問機関である、耕作放棄地対策研究会の会に、骨子案を示したそうです。

 骨子案は、

@ 多様な主体の参画、協働

A 導入作物の検討、販路の確保

B 土地条件の整備

が、主な3項目です。主体は、農業者、自治体、JA、地域住民、NPO法人都市住民などを想定しています。作物としては、食料供給力を高めるうえで、米粉、飼料用米、麦、大豆などを想定してます。



 まだ、これらは、中間とりまとめ前でもありますが、次回の会合は、中間とりまとめになります。

 今後11年までに、農水省は2011年度までに、農振農用地を中心に耕作放棄地を解消したい、考えです。

posted by yuukin at 23:42| 高知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | エコ農園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。