2009年12月07日

海水を撒く

現代農業の本年7月号に、「みんなで海水キャベツ石灰でさらに甘くなる!」という記事がありました。茨城のJAしおさいキャベツ部会が、取り組んでるらしい…




 です。

 海水をかける?と聞くと、普通、ええっ!となるわけですが、どうもここでは、かけるのが普通なんだそうで、しかも!これまで、掛けてこなかった時よりも、甘さが増し、含まれる硝酸態チッソがかなり減るらしいです。
 (硝酸態チッソは、セレブママでも、出てきましたね〜!


 さて、JAしおさいでは、海水をかけるのは、11月に定植した春キャベツで、こぶし大になった結球初期と収穫1〜2週間前に2回あなんだそうです。

 掛けるのは、原液?かと思いきや、その驚きの「原液OK」らしいのですが、土のことを考慮して、「100倍から200倍の希釈」でやってるらしいです。

 硝酸がガクンと減り、糖度が上がるそうですが、具体的にどのくらいか、当部会の施肥基準(チッソで元肥12〜13kg+追肥2〜3kg)では、収穫期のキャベツの硝酸態チッソはmax4000〜5000ppmあるが、海水をかけるとほぼ3000ppm以下に減るそうです。

 ということで、実は、きのう、当プチ農園の結球しかけてきたキャベツと、まったく結球しない白菜などに(玉ねぎなんかにも^^;)100倍希釈した海水を、掛けてしまいました!
 (さて、どうなるでしょうか!)



 参照元は、こちら
posted by yuukin at 08:00| 高知 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | エコ農園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは!
今日は、小雨まじりで寒かったです。
茨城のJAしおさいキャベツ部会

海水をかける?と聞くと、普通、ええっ!
と思います。
<100倍希釈した海水を、掛けてしまいました!>
わぁ〜〜結果が楽しみですね!!

竹を主体にした有機質堆肥
<10リットル入りで、880円、と高めです!>
これで大きく成長するのなら安い買い物になりますね。

この二つで野菜元気がでて収穫できたらいいですね〜〜。
Posted by あけみ蝶 at 2009年12月07日 23:17
こんばんわ〜。

師走なのに、雨が多いですね〜。

かけました。海水。いまのところ、なんともなし、です。枯れてないですよ。

ここは、歩いて10分で、太平洋です。 海水の宅配、いいかも、ですね!
Posted by ゆうきん at 2009年12月11日 23:05
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。