2009年12月15日

落ち葉の堆肥箱

P1002575.jpg 一昨日、見にいった高知市有機市民農園に、設置してあった木枠です。手前にはポリ袋に入った落ち葉がたくさん置かれています。
 なかなか、いい活動支援設備かと思います、が、あまりおんぶにだっこ式は、どうなんだろとも感じます。利用者の家庭で出る生ごみはどうしてるんでしょうか。
posted by ゆうきん at 08:50| 高知 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ゆうきん様:

私のブログにコメントいただき、ありがとうございます。
生ごみリサイクルをされているのですね。
私も生ごみ堆肥をいくつかやってみたのですが、腐って上手くいかないことが多く、今は休止しています・・。

この度ご意見の落ち葉の堆肥箱は、個人で区画内に設置されたものです。また、落ち葉や笹竹も皆さん各自集めてこられているものです。
ただし、もみ殻とカヤ草は管理者側で準備していただけました。
畑の設備は、納屋と水道栓(8区画に1つ位)、仮設トイレ、ミニ耕うん機、ホースとジョウロといったところでしょうか?あとは、あぜ道?というか通路の下に排水管が埋めてあるみたいです(もともと水田で水はけが悪いのです。)。
なにせ、畑・ブログともに初心者ですので、また色々と教えてください。
Posted by たむたむ at 2009年12月19日 01:41
たむたむさんへ

コメントありがとうございました。
当ブログは、生ごみリサイクルが、主軸でありまする〜。

あの落ち葉の堆肥箱、個人の作、なんですか〜!(あまりに、立派!)落ち葉、この時期、道端や公園に、いっぱい落ちてますよね〜^^。笹竹なんかも、少し、山に入れば、荒れ放題の竹、なんで、手を加えてやったほうが、いいようにも。

近々、当方も裏山に、「はんぺん」探しに出かけようと思っております。

今後とも、よろしくお願いします。
Posted by ゆうきん at 2009年12月21日 22:58
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。