2010年02月01日

ごみ減の達人

きのうは、札幌市のごみ減量推進課の生ごみハンドブックのことを書きました。 きょうは、わが高知県の高知市環境政策課が発表した「ごみ減の達人」モニターの結果について


 です。

 これは、昨年平成21年10月12日から11月30日までの4週間、高知市内の15世帯にモニターになってもらい、可燃ごみと台所ごみの減量に挑戦してもらったものです。

 モニターの結果の報告書はこちら(PDFです)、です。

 結果から、台所ごみの減量については、

・余分な食材を買わない
・冷蔵庫の中身を確認する
・歩いて買い物に行く
・堆肥化をする
・電動式生ごみ処理機
・コンポスト、ぼかしを利用
・水切りの徹底
・野菜や果物の皮は天日干し
・残飯を残さない
・野菜などの切り方を工夫する

 という声が出てきました。

 高知市でも、市民向けの生ごみリサイクルの講習会ってこれまでも、取り組まれてきました(当会も講師をしてきたり)。実は、今回のモニターの実施は、昨日、発見しましたが、今回の15世帯だけの取り組みからもっと、集合住宅単位とか地域単位での取り組みに広がっていくのでしょうか?

 きのうの札幌市の例と比べると、取り組みの弱さがあるように感じます。

posted by yuukin at 23:49| 高知 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 生ごみのリサイクル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。