2010年04月09日

寄付の半分を税額控除

きょう、開かれた「新しい公共」円卓会議で、鳩山由紀夫首相は、認定NPO法人への寄付金に対し、新たに導入する税額控除の割合を50%とするような調整をするよう指示した・・・


ということです。


 限度額は所得税額の25%とする方向。また、学校法人や社会福祉法人に対する寄付金にも税額控除導入が望ましいと指摘した上、「来年1月に動きだせるスピード感で臨んでほしい」と述べた。

 現行制度は、2000円を超える寄付について、所得の40%を限度に所得控除する仕組みである。首相の指示通りに50%の税額控除を導入したとすると、寄付金の負担が実質的に半額で済み、「草の根の寄付」が拡充する可能性があると思われる。 

posted by yuukin at 23:48| 高知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | そのほか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/146192683
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。