2010年07月01日

微生物を活用して生ごみ処理

生ごみを単に燃えるごみとして処理するのは、不合理であると、ここでは書かれています。(それは、たしかにそう思います。)7月1日に高知市内の会議室で、鹿児島県鹿屋市で普及している有用微生物を使った生ごみ堆肥化、処理化の勉強会をする、というお知らせが出ていました。

有用微生物を使った生ごみ堆肥化

 これは、平成22年6月27日掲載の高知新聞投書欄の一文です。
posted by yuukin at 23:52| 高知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 生ごみのリサイクル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/156081785
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。