2010年12月02日

ガンを治しながら玄米酵素を普及した吉田さん

いつもありがとうございます。

玄米酵素水野メルマガです。



さざ波最新号の販売店奮戦記 感動いたしました。
5月の全国研修会で、末期ガン克服の体験をお話いただいた
北海道の吉田昭一特約店さんの 普及体験談です。

吉田さんはガンが治っていない、まだ体調が悪いときから
玄米酵素の普及をスタートしたそうです。
その理由を聞いて感動しました。
「病気でふさぐのが嫌で、相手の人によくなってもらい
その方から「元気になった」と喜びの声を聞くことが、
結果的に自分にパワーをもらうことに繋がるから。」
病気でふさいでいる方に、教えてあげたい言葉ですね。

また、お客様へのフォロー方法は、月1回の訪問
もしくは月1回の電話を必ずしているとのこと。
「相手を良くしたい」という気持ちが形に表われていますね。
相手に良くなってもらうには「フォロー」が命ですね。

吉田さんの「命をかけた普及事例」 まだ読まれていない方ぜひご一読下さい!



おかげさまで40周年 褐コ米酵素 水野
posted by ゆうきん at 21:07| 高知 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Fujikoの部屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/171542780
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。