2008年02月20日

エコフィード認証制度はじまる

食品リサイクル法の改正もあり、5年前に施行された旧食リ法から、一歩、ステップアップした取り組みが、ボチボチと展開していきます…
 。

 「エコフィード認証制度」もその一環で、農水省が先導して、この4月から開始できるよう、準備中であります。


 コンビニ・ファミレス廃棄食品 飼料化促進へ認証制

 フジサンケイ ビジネスアイ(1/28記事)より

 以下、転載


 農林水産省はコンビニエンスストアや、ファミリーレストランなどから廃棄される食品の残りかすを家畜飼料に加工した「エコフィード」の普及に向け、回収や加工などのネットワークを構築し、成功している事例を認証する「エコフィード認証制度」を4月にも導入する。エコフィードの認知度を高めて、全国約170の加工業者が畜産農家に販売しやすくするのが狙い。

 農水省では認証基準や認証機関、認証マークの検討など具体化に向けた準備を開始した。すでに始まっている流通各社の取り組みを参考に基準を定め、認証する方針だ。

 現在、コンビニ業界では大手のセブン−イレブン・ジャパン、ローソン、ミニストップなどが廃棄物処理業者と提携して廃棄する弁当、総菜などを飼料化する事業を始めている。セブン−イレブンは、加工業者のアグリガイアシステム(千葉県八街市)と提携し、東京23区の約1000店から排出される弁当・総菜を1日15トンの飼料に加工し、畜産農家に販売している。「処理能力は1日250トンある。千葉県内や首都圏に順次拡大していく」(広報)考えだ。

 小田急グループの小田急ビルサービスは、専門加工工場の小田急フードエコロジーセンター(神奈川県相模原市)を2005年に稼働。現在は高島屋などグループ外から廃棄される食品の残りかすも処理し、畜産農家に販売している。現在の処理量は1日15〜20トンだが、「能力は日産39トン。年内にはフル稼働にもっていきたい」(小田急ビルサービス環境事業部)と話す。

 一方、トウモロコシなど飼料用穀物は、バイオ燃料に使用されるため需要が拡大し国際価格が高騰している。「エコフィード」を使うことで畜産農家は配合飼料の一部を安く調達できる。飼料用穀物はほとんどが輸入だが、「エコフィード」が拡大すると、飼料の自給率の向上にもつながる。

 また昨年12月に施行された改正食品リサイクル法は、15年度までに食品の残りかすのリサイクル目標を食品小売業45%、外食40%など業種ごとに定めている。「エコフィード」の普及はこの目標達成も後押しする“一石三鳥”の効果があるといえそうだ。

posted by yuukin at 20:41| 高知 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 生ごみのリサイクル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
エコフィード認証制度はじまる: ゆうきリサイクル高知で生ごみリサイクル
Posted by gucci メンズ 財布 at 2013年07月21日 13:32
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/85051803
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。