2008年03月05日

国産野菜の生産・利用拡大優良事業者表彰

中国産食品への逆風が強まる中、国産野菜の生産や利用拡大のキャンペーンがあってその第1回表彰式が賑々しく行われたこと、ご存知でしょうか???
 農水省が主催した、この「国産野菜の生産・利用拡大優良事業者表彰式」では、栄えある第1回目の農林水産大臣賞に、セブン-イレブン・ジャパン社が青果卸と生産者で構成するグループ「セブン・イレブンほうれんそう国産化推進チーム」と「キャベツ契約取引グループ」の2つです。

 「セブン・イレブンほうれんそう国産化推進チーム
 セブン・イレブン、横浜丸中青果、テンアップファーム(千葉県富里市)
 ↓ 
産地から店舗まで一貫して温度管理し、ほうれん草を供給


キャベツ契約取引グループ
 リンガーハット、丸仙青果(多摩市)、茨城中央園芸農業協同組合
 ↓
キャベツの安定供給


 上記、大臣賞2件を含め、19件が表彰されました、とさ。


posted by yuukin at 20:38| 高知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 食育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/88408768
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。